岡本太郎 「続・99歳、あっぱれ太郎 —太郎 * 神話」

川崎市岡本太郎美術館

poster for 岡本太郎 「続・99歳、あっぱれ太郎 —太郎 * 神話」

常設展

今年の2月26日、岡本太郎は99回目の誕生日を迎えました。そして、来年は、生誕100周年。岡本は作品の中に、独自の世界を創造しました。その着想は、世界の様々な民族に伝承されてきた神話から多くのヒントを得ていたのかもしれません。満19歳の1930年の冬、岡本は東京美術学校(現東京藝術大学)の油絵科を退学、両親とともにヨーロッパに留学し、それから10年間、パリで一人で過ごし、当時の最先端の芸術・文化・学問を吸収しました。パリ大学ソルボンヌ校では、マルセル・モースの下で民族学を学びました。

1951年の「縄文土器」との出会い以来、岡本は日本各地、そして世界各地を取材しました。それは、失われた時間、すなわち神話の中にしか残されていない物語を求めての旅だったのかもしれません。岡本が愛読したフランス語書籍四百数十冊のなかには、神話研究に大きな功績を残した宗教現象学者ミルチャ・エリアーデの書籍が五冊含まれており、アンダーラインや書込みが多数確認でき、その他の書籍に比して、圧倒的に熱心に熟読した様子が伺われます。

本展では、過去の様々な神話の意義と機能を理解した岡本の作品の中にみられる、神話的な要素をご紹介するものです。世界中を飛び回り、八面六臂の大活躍をした、来年、生誕100周年を迎える、今年、99歳の岡本太郎の歩みをたどりつつ、世界に羽ばたいた太郎のあっぱれさをご堪能下さい。

[画像: ≪明日の神話≫ 1968年 油彩、キャンバス]

メディア

スケジュール

常設展
2010年04月08日 ~ 2010年07月04日

アーティスト

岡本太郎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use