「パン種とタマゴ姫」展

三鷹の森 ジブリ美術館

このイベントは終了しました。

11月20日から、映像展示室ではこの新作の上映をはじめます。また、同日からこの作品を丁寧に紹介した展示を加え、企画展示「ジブリの森のえいが展」後期を開始します。

いばらの森のその奥の水車小屋に暮らす、バーバヤーガに召し使いにされた「タマゴ姫」は、水車小屋に閉じ込められ、重労働に追われるつらい毎日でした。ある夜、バーバヤーガの言いつけでこねていたパン種が、突然生命を持ち、動き出します。その「パン種」とともに、恐ろしいバーバヤーガから逃げ出すタマゴ姫。二人のこの先はどうなるのでしょう…。


企画展示・後期の新コーナーでは、パン種やタマゴ姫が逃げる麦畑のジオラマを展示するほか、麦を刈るための大きな西洋鎌や、実物の麦などがご覧頂けます。また、宮崎駿監督によるこの作品の解説パネルや、パンの元となる小麦粉なども展示し、実際に石臼で本物の小麦粉を挽き、「麦」から「粉」へ、そして「パン」がふくらんでいくまでをわかりやすく紹介します。

ふっくらおいしいあの「パン」は、どのように生まれて、どんな歩みを送るのでしょう。本当は生きているのかもしれません。


※この展示では、石臼で小麦を粉に挽くコーナーがあります。小麦アレルギーの心配のある方はご注意ください。

メディア

スケジュール

2010年11月20日 ~ 2010年12月26日

アーティスト

宮崎駿

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use