新収蔵品展

平塚市美術館

poster for 新収蔵品展

このイベントは終了しました。

平塚市美術館では開館以来「湘南の美術・光」をテーマに、近現代の洋画・日本画・彫刻の作品を中心に収集をおこなってきました。本展では、2009年度に収集した作品をご紹介いたします。日本画では、郷倉和子(ごうくらかずこ)、益井三重子(ますいみえこ)などの優れた女性作家の作品、開催した展覧会をきっかけにした山本直彰(やまもとなおあき)や、また福井江太郎(ふくいこうたろう)の斬新な作品。洋画では、近代具象画を代表する画家、海老原喜之助(えびはらきのすけ)の滞欧作、また久野和洋(くのかずひろ)の静謐な風景画や、平野杏子(ひらのきょうこ)の大作シリーズなど。現代美術では、鴫剛(しぎごう)の表現の意味を問いかける作品。陶芸では三輪休雪(みわきゅうせつ)の現代感覚をとりいれた花器、彫刻では黒川弘毅(くろかわひろたけ)のモダンなブロンズ像など。平塚市美術館の新たな収蔵作品を、どうぞご鑑賞ください。

[画像: 海老原喜之助 「曲馬」(1930年頃)]

メディア

スケジュール

2010年04月10日 ~ 2010年05月30日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use