泉イネ 「未完本姉妹 影の春光 」

小山登美夫ギャラリー

poster for 泉イネ 「未完本姉妹 影の春光 」

このイベントは終了しました。

この度は泉イネの個展、小山登美夫ギャラリーにて「未完本姉妹 影の春光」展を、MA2Galleryにて「未完本姉妹 影の冬光」展を同時開催致します。「紺泉」から「泉イネ」へ…-泉が今回手がけた油彩画や「未完本姉妹」といったシリーズは、次々と新たな展開を見せています。本展では「本姉妹」の映像や写真、姉妹の持ち物をモチーフにした絵画、「本姉妹」の集いを飾った空間をインスタレーション致します。一見、それらは取り留めのないようにも見え、日常の断片を提示しただけのようにも見えるかもしれません。しかしながら「本姉妹」という架空の物語を作り、切り取っていく作業は、ちょうど泉にとって、吸っては吐いてを繰り返す、呼吸のように当たり前のことであり、「生きている」ことそのものの証なのです。例えば、フィクションであったはずの「本姉妹」の物語は次第にリアリティーを増し、当初からの「本が好き」ということとは別の側面が垣間見えるとも泉は言います。もうひとつの「本姉妹」の物語が今、はじまろうとしているのかもしれません。

まさに泉にとって作品とは、完成させることに目的を置くのではなく、過去と今を、現実と虚構を、生と死を、連なりとなって幾度となく往来するための作業なのです。泉の作品はその狭間の媒介者として、私たちの目の前に姿を表しています。今回の新作である、大胆な筆致と淡い色使いで描かれた「A scenery like a corsage or a demon/コサージュもしくは鬼のような風景」は、夜景と、人が立つ海辺の写真の組み合わせで描かれています。そのぼんやりとしたイメージは、ちょうど残像のように私たちの記憶へと深く染み渡ります。そして、観ている私たちの耳元でそっと囁くかのように、作品から軽やかな息づかいを感じるとることができるのです。是非両展ともに足をお運び頂き、泉の織りなすいくつもの物語をどうぞゆっくりとご堪能ください。

[画像:泉イネ「I was not a dress (forth sister's dress as a motif) 」Courtesy of Ine Izumi]

メディア

スケジュール

2010年06月26日 ~ 2010年07月31日

アーティスト

泉イネ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use