poster for 李禹煥 展

このイベントは終了しました。

李禹煥は1936年韓国生まれ。1956年に来日。60年代後半より「もの派」を牽引する中心的なアーティストとして活躍。以来その制作活動は常に国際的に注目され続けています。2010年には香川県直島に「李禹煥美術館」が開館。作品に併せて設計された美術館は、李禹煥の世界を贅沢に堪能できるスペースとして大きな話題となっています。

李禹煥の作品の特徴は「作らない」という意図的な行為から生まれる「余白」であり、その中に作家が制作に向き合う信念と緊張感が感じられ、強いオリジナリティーが存在しています。それは東洋的、西洋的というカテゴライズにもあてはまらず、誰にも追随することの出来ない李禹煥独自の表現となっています。「もの派」の代表作家として認識されることから始まりながらも、今やその枠を容易に越え、唯一無二の作家であるという地位を獲得しているといえます。

近年の国際的な活動を総括するかのように、2011年6月にはニューヨーク、グッゲンハイム美術館にて大規模な回顧展が開催されます。本展は現代美術史に大きなインパクトを与える、非常に重要な展覧会になることでしょう。

今回のSCAI THE BATHHOUSEでの展覧会では、グッゲンハイム美術館での個展に先立ち、新作を発表いたします。ペインティングを中心に構成され、これから開催される回顧展へのアプローチとなるような斬新さに満ちた展示となります。

メディア

スケジュール

2011年01月14日 12:00 ~ 2011年03月05日 19:00
日、月、祝日休み

アーティスト

李禹煥

Facebook

Reviews

Kenneth Masaki Shima tablog review

Gravitational Modes of Viewing

A new exhibition of Lee Ufan paintings.

marienkmc: (2011-02-26)

残念だったのは、同じようなシンプルの作品が3枚近くに飾っていたので、しつこく感じた。逆に1枚だけだったり、違う印象のものを飾った方が良かったのよに思える。

cizuhara: (2011-03-04)

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use