「イノセンス −いのちに向き合うアート」展

栃木県立美術館

poster for 「イノセンス −いのちに向き合うアート」展

このイベントは終了しました。

正規の美術教育を受けたわけでもないのに、ただ自分の内なる衝動に従って、まったく独創的な造形芸術を生み出す人たちがいます。かれらは、知的障がいや、心の病を患い、孤独な、社会不適応を抱えた人たちであったりしますが、その創り出す世界は独特の魅力を放ち、見る者に深い衝撃を与えます。こうしたハンディキャップを抱えた人たちや、独学で絵を描き始めた人のアートの中には、わたしたちの心をとらえて離さない純粋な魅力を湛えているものがあるのです。本展では、障がいのある方や独学の画家の作品を紹介するとともに、障がいを抱える人のアートに興味を持って積極的に関わるアーティストや、いのちに向き合う表現を志向して制作する現代のアーティストたちの作品も区別することなくともに展示し、芸術の本質や役割を問い直してみる機会にしたいと思います。これらの作品を鑑賞するなかで、生きることの意味を再考するとともに、社会の中に根ざしたアートの役割を、いきいきと実感することができるでしょう。38作家、約200点で展観いたします。

[画像: 上:草間彌生「愛はとこしえ」より「生命讃歌[BOZA]」(2005年) copyright the artist courtesy of Ota Fine Arts, Tokyo / Yayoi Kusama Studio Inc.
左下: 奈良美智「舌だし富士壷」(2010年) ©Yoshitomo Nara photo: KIOKU Keizo Courtesy Tomio Koyama Gallery]

メディア

スケジュール

2010年07月17日 ~ 2010年09月20日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use