「ネイチャー・センス展 日本の自然知覚を考える3人のインスタレーション」

森美術館

poster for 「ネイチャー・センス展  日本の自然知覚を考える3人のインスタレーション」

このイベントは終了しました。

冬から春へ、夏から秋へと季節が巡ることを、私たちは気温や風景だけでなく、例えば風の匂いや太陽の光などから感じます。現在の日本では、国土の数パーセントの都市部に人口の三分の二以上が住んでいると言われていますが、それでもなお私たちの身体は自然の存在を感じています。温帯性の気候や島国の複雑な地形によって、我が国では独自の自然環境が育まれ、それは古来の宇宙観や宗教観とも繋がって、この国で生まれる文化や芸術に少なからぬ影響を与えてきました。「ネイチャー・センス展:吉岡徳仁、篠田太郎、栗林 隆」では、都市化、近代化の進んだ現代生活において、自然を知覚する潜在的な力(ネイチャー・センス)や日本の自然観について考え、それが現代の美術やデザインにどのように活かされているのかを問いかけます。国際的に活躍する吉岡徳仁、篠田太郎、栗林隆の3人のアーティスト/デザイナーは、しばしば雪、水、風、光、星、山、滝、森といった自然現象や非物質的あるいは不定形の存在を捉え、それらを作品に抽象的かつ象徴的に投影しています。彼らの自然観が人為と対抗する自然としてのネイチャーよりも、むしろ人間を含む森羅万象、天地万物というユニバース、コスモロジー(宇宙観)に近いことは、そのような自然観が現代の私たちの記憶や遺伝子に脈々と継承されていることを示唆します。3人の新作を中心に構成される本展では、作品や空間を体感するスケール感のあるインスタレーションによって、私たちのネイチャー・センスの覚醒を試みます。

[画像:栗林 隆「新作のためのドローイング」(2010年)]

メディア

スケジュール

2010年07月24日 ~ 2010年11月07日

アーティスト

吉岡徳仁篠田太郎栗林隆

Facebook

Reviews

Maurizio Mucciola tablog review

Sensing Nature

Mori Art Museum's new blockbuster exhibition.

Mio Coxon tablog review

All Five Senses

Three artists reshape Japan’s four seasons.

tadaoh: (2010-08-02)

絵的にはとてもキレイ。
しかし自然の中の感覚は自然の中でしか磨かれない、ということを強く意識させられた展示でもありました。
http://tadaoh.net/design/2010/08/post-668.html

marimaru: (2010-08-03)

Though all of the works exhibited were striking and cleanly executed, there was an overwhelming sense of a lack of human touch in nearly all of the works that left me cold.

Even with such a potentially interesting theme, the exhibition was unsuccessful because the artists were too similar, all men of within only three years of age, all working with sculpture or installation and all seemingly so secure about their ideas regarding nature. Where were the questions? Did any other viewers walk away with questions or new understandings of nature or the perception of nature? I may have missed something, but was there a reason why we can`t perceive nature or think about and it make paintings, drawings, even, god forbid, small scale work? The work all felt very loud to me, even the quietest pieces, which I happened to like quite well but still took up entire rooms.

Judging from other viewers reactions, I imagine I am not the only one who felt this way.

I can`t really find fault with most of the works and as individual pieces they were interesting. However, under the banner of the show exhibition title, the show as a whole was disappointing and misleading.
-Marianna

cbliddell: (2010-09-30)

SENSING NATURE
The Mori scales up a show of small ideas to fill a big space

by C.B.Liddell

What happens when you take a few interesting but rather limited artistic ideas on the theme of “nature” and then completely over-amplify them? Probably something like “Sensing Nature,” a new exhibition at the Mori Art Museum that threatens to “rethink the Japanese perception of nature.”

Read more>> http://metropolis.co.jp/arts/art-reviews/sensing-nature/

cucino: (2010-10-09)

森美術館というホワイトキューブが、実は星や風や雨にとても接近した場であるという、場の特殊性を持った展示でした。
http://cuccino.blog104.fc2.com/blog-entry-87.html

cototoco1980: (2010-10-26)

吉岡徳仁目当てで行ったんですが、栗林隆の作品も面白いなあと感じました。あと、会場では写真撮影もできましたよ。
http://cototoco.jp/2010/1016/sensing-nature/

nanart: (2010-11-03)

徳仁のsnowは、想像より、、感がありました。素敵だったけれど、。

4日たった今、印象に残っているのは、”残響”の映像中に流れていた”残響”音です。

あの音、残っています。今日も東京歩いたり、電車に乗ったりした時とか。

21_21の美術館でかかってる”21_21音”も、好きなんですが。。 わかる方、いますよね?

sprmario: (2010-11-07)

自然が覗かせる表情は流動的であり、それを3人のアーティストが視点の移動による価値の転換によって引き出しています。

http://d.hatena.ne.jp/separate-ks/20101107/1289111705

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use