「二十世紀肖像 全ての写真は、ポートレイトである。」 展

東京都写真美術館

poster for 「二十世紀肖像 全ての写真は、ポートレイトである。」 展

このイベントは終了しました。

写真史上の有名作品からあまり目に触れる機会のない作品まで、時代を超えた魅力を放つ20世紀のポートレイト写真を中心に「二十世紀肖像」というキーワードで当館のコレクションをご紹介します。スタジオポートレイト、シュルレアリスム表現、社会派ドキュメンタリー、都市のスナップショット、広告ファッション写真、個人的な私写真表現など、多様なスタイルのポートレイト作品は被写体の個性を伝えるとともに、時代の感性や美意識、理想と現実を写し出します。単に人間を被写体にした写真だけがポートレイトではありません。一見ポートレイトに見えないような写真作品、たとえば風景や事物に写真家の内面や人間心理を反映させた写真もまた、ポートレイト表現として見ることができるのではないでしょうか。本展はポートレイト写真の可能性や人間をテーマとする写真の多様性と戯れながら、その魅力を探ります。

[画像: 今道子 「鮪と小鯵と柘榴」(1990)]

メディア

Facebook

Reviews

tunes: (2010-10-12)

展示されている写真も古今東西の名作ぞろいであり、改めて写美のコレクションの凄さを感じる展示です。
http://blog.livedoor.jp/tunes1/archives/52692543.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use