駒井哲郎 「生誕90周年~闇と光のあわいに」

資生堂ギャラリー

poster for 駒井哲郎 「生誕90周年~闇と光のあわいに」

このイベントは終了しました。

東京銀座の資生堂ギャラリーと静岡県掛川市の資生堂アートハウス では、日本における銅版画の先駆者で、戦後の版画史に多大な足跡を残した駒井哲郎(こまい てつろう・1920-1976)の作品展を両館合同で開催します。

今回の展覧会は、福原が50年に亘り継続して蒐集し、世田谷美術館に寄託する約500点の駒井コレクションの中から作品を選び、資生堂ギャラリーと資生堂アートハウスの両館で展示するものです。資生堂ギャラリーでは、福原コレクションの最大の特徴であるモノタイプを中心としたカラー作品約100点を展示し、駒井版画の「色彩」世界をご覧いただきます。駒井全作品の2割にも満たないといわれる貴重な色彩版画のうち、なかでも数少ないモノタイプ作品の、かつてない規模での展示となります。資生堂アートハウスでは、「白と黒の造形美」で知られる駒井のモノクローム作品を中心に、代表作、初期作品に加え、時代を代表する詩人や文学者とのコラボレーションによるブックワークなど約150点を展示し、駒井作品の多彩さをご覧いただきます。

銅版画のパイオニアとして時代を生きた駒井哲郎の生誕90周年展でもある本展を、皆さまにご高覧いただき、その画業を新たな視点で辿っていただければ幸いです。

[画像:「花と果実 (Fleurs et Fruits)」 1973]

メディア

スケジュール

2010年10月26日 11:00 ~ 2010年12月19日 19:00
日曜日は18時まで

アーティスト

駒井哲郎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use