荒川修作 「『砂の器』修復報告+養老天命反転地ドローイング展」

ギャラリー・アートアンリミテッド

poster for 荒川修作 「『砂の器』修復報告+養老天命反転地ドローイング展」

このイベントは終了しました。

荒川修作は突然2010年5月19日に旅立ちました。その死は余りに衝撃的で重過ぎるものですが、荒川には単なる追悼や回顧はふさわしくありません。「死なないために」と問い続けたアラカワ+ギンズは、今も世界の多くの人々に影響を与え続けています。アートアンリミテッドでは、(株)ABRF 荒川+ギンズ 東京事務所と協力し、このほど修復完成した最初期の「砂の器」(1960年ネオダダ第2回展に出品)の修復報告と、アラカワ+ギンズの傑作と言われる「養老天命反転地」(岐阜)のための素描20点を展覧します。 アラカワの構想のための自筆メモがちりばめられた素描は、作家の創造の過程を窺い知る貴重な作品となっています。

*「荒川を語る会」 7月12日(月) 18:00-20:00
アラカワについて、それぞれの思い出を語り、これからもアラカワ+ギンズとともに「天命反転」を問い続けるために。通常のパーティの同じようにお気軽にどなたでもご参加いただけます。

[画像: 荒川修作「砂の器」(修復後)(1958-59年) 125.0x80.0x12.5cm]

メディア

スケジュール

2010年07月06日 ~ 2010年08月07日

アーティスト

荒川修作

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use