「開館20周年記念 館蔵名品展-鹿野琢見コレクションにみる夢二の世界-」

竹久夢二美術館

poster for 「開館20周年記念 館蔵名品展-鹿野琢見コレクションにみる夢二の世界-」

このイベントは終了しました。

竹久夢二美術館は平成2年11月に開館し、今年20周年を迎えます。当館では大正ロマンを象徴する画家・詩人として知られる竹久夢二の芸術と生涯を、様々な角度から展示紹介し、また研究を重ねて参りました。これらの活動の基礎となるべく館蔵品は、昨年逝去した創設者・鹿野琢見によって蒐集されたコレクションから形成されており、夢二の日本画から遺品類まで、その数は3300点に上ります。夢二の芸術と人間性に深く傾倒した鹿野は、多くの人にその魅力を伝えるべく、最期まで蒐集と美術館運営に情熱を注ぎました。本展では、開館20周年を記念して、鹿野琢見コレクションから名品を選りすぐり、夢二の美の世界を紹介します。

[画像:竹久夢二「この夜ごろ」(昭和初期)]

メディア

スケジュール

2010年10月01日 ~ 2010年12月26日

アーティスト

竹久夢二

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use