池田亮司 展

ギャラリー小柳

poster for 池田亮司 展

このイベントは終了しました。

池田亮司(b. 1966)は1990年から音楽活動を開始。1995年以降、コンサートやインスタレーションなどを通じてサウンドアートの領域で積極的に作品を発表してきました。超音波、周波数など音のもつ物理的特性や、時間や空間をめぐる人間の知覚を突き詰め、デジタルテクノロジーを極限まで駆使して生み出される池田の作品は、これまでにない新たな体験を私たちに促します。
 
表現媒体を超えて制作を続ける池田は、ウィリアム・フォーサイス(振付家)、伊東豊雄(建築家)、杉本博司(現代美術家)、そしてアーティスト集団ダムタイプとのコラボレーションなど、さまざまな分野へと活動の幅を広げています。

ギャラリー小柳で初めての個展となる今回の展示では、目に見えない多様なデータの可能性を探究するシリーズ「datamatics」から映像インスタレーション作品群、そして数学者との対話から始まった無限をテーマとするシリーズ「V≠L」の新作とで構成されます。さらに本展では、新シリーズ「time and space」を発表。時間と空間の計測を物質化する池田の試みをご覧いただけることでしょう。

 

メディア

スケジュール

2010年11月11日 ~ 2010年12月25日

オープニングパーティー 2010年11月11日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

池田亮司

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use