「SCANDAL 2」 展

BLD Gallery

poster for 「SCANDAL 2」 展

このイベントは終了しました。

1960年代にお互いを挑発するように刺激しあい時代を切り開いていった同世代のアーティストたち、寺山修司、宇野亜喜良、沢渡朔、立木義浩、森山大道の5名によるグループ展です。

展示作品は、寺山修司へのオマージュ作品として制作された宇野亜喜良の新作ペインティングとオブジェ、寺山の「トマトケチャップ皇帝」や「ジャンケン戦争」の撮影を担当した沢渡朔の64年に発表された≪跳んでごらんプルーネ≫、65年に『カメラ毎日』でフォトストーリーとして56ページにも渡り発表された立木義浩の≪舌出し天使≫(寺山がエッセイを担当)、寺山が雑誌『俳句』でエッセイを連載することになり、森山大道に写真を依頼してきたのがきっかけで生まれ67年に『カメラ毎日』にて発表された森山の≪にっぽん劇場写真帖≫、そして76年ハンブルグにて撮影された寺山修司の写真作品≪ヨーロッパ版犬神家の人々≫など。

作家としてお互いに刺激しあい共鳴しつつ、個々の表現を確立していった5名の作家たちの作品を一同に集い展示します。

[画像: © Shuji Terayama + Michi Tanaka]

メディア

スケジュール

2011年09月09日 ~ 2011年10月04日

Facebook

Reviews

kihrorange: (2011-09-10)

寺山さんに魅せられた。あたしには珍しく写真集をかってしまった

takamura: (2011-10-02)

宇野亜喜良氏描きかけの寺山修司の制作途中の絵があった。
あの頃が終わったわけではなく、
あの頃から今は続いているのだとわかった。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use