「ルオーと風景-パリ、自然、詩情のヴィジョン-」展

パナソニック 汐留ミュージアム | ルオーギャラリー

poster for 「ルオーと風景-パリ、自然、詩情のヴィジョン-」展

このイベントは終了しました。

20世紀フランスを代表する画家ジョルジュ・ルオー(1871-1958)。彼が生涯描き続けたテーマ「風景」を取り上げ、その初期から晩年にいたる作品において、ルオーが出会った風景がいかに彼の作品世界に深い影響を及ぼしたかを探る展覧会をこの度開催いたします。

自然を常にインスピレーションの源とし、自分をとりまく世界を眺めることをこよなく愛したルオー。彼にとって風景は、「レンブラントの再来」と称され、古典主義的作品を発表していた美術学校時代からの重要なテーマでした。学校を出た後には、自身の生活と結びついた世界―父親の故郷ブルターニュ地方や一時家族と暮らしたヴェルサイユで出会った自然・田園、そして生まれ育ったパリの下町の情景―が作品に描かれるようになります。彼は、変化に富む空に微妙な色調の美しさを、またわびしい街角に人間の苦悩や孤独を鋭敏に感じ取り、それらを独自の色彩と形態のハーモニーの中に表現したのです。やがて、こうした舞台にキリストが登場し、ルオーの風景画は神秘的な光に包まれた独特の静謐(せいひつ)な聖書風景へと向かいます。その人間と風景との宇宙的つながりを感じさせる歓喜の作品世界は、今なお新鮮な感動を与えてくれます。

ルオーの最も内密な創造の源を彼が出会ったフランスの風景に求め、画家と風景の関係を読み解く本展覧会。最初期の風景画≪人物のいる風景≫やパリ郊外をとらえた中期の傑作≪郊外のキリスト≫など国内所蔵の名品の他、ブルターニュやヴェルサイユを描いた日本初公開作品など貴重な作品群がフランスから特別出品されます。油彩、水彩、版画、資料等約90点により最初期から最晩年までのルオーの風景画の全容を紹介する本展覧会をルオーの魂の旅を辿るようにお楽しみ下さい。

【オープニング記念トークショー】
「中村吉右衛門が画をかたる ―ルオーに魅せられて」
4月23日(土) 14:00-15:00(開場 13:30)
出演:中村吉右衛門 氏 (歌舞伎俳優)
聞き手:山根基世 氏 (LLPことばの杜代表)
会場:パナソニック電工ビル5階ホール
参加費:無料 (ミュージアム入館には別途入館料が必要です)
※要予約・先着順(定員150名)
予約方法は展覧会HPをご参照ください。

【本展監修者によるスペシャルギャラリートーク】
6月4日(土) 14:00-15:00 ※予約不要
ナビゲーター:後藤新治 氏 (西南学院大学 教授/本展監修者)
会場:パナソニック電工 汐留ミュージアム
参加費:無料 (ミュージアム入館には別途入館料が必要です)

【学芸員によるギャラリートーク】 
5月14日(土)、6月10日(金)、6月18日(土) 各14:00-(約30分) ※予約不要
当館学芸員が展示内容を解説します。
会場:パナソニック電工 汐留ミュージアム
参加費:無料 (ミュージアム入館には別途入館料が必要です)

メディア

スケジュール

2011年04月23日 ~ 2011年07月03日

アーティスト

ジョルジュ・ルオー

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use