山本真人 「The messy room」

表参道画廊

poster for 山本真人 「The messy room」

このイベントは終了しました。

「The messy room (散らかった部屋) 」は、写真家山本真人が“自宅でできること”という枠組みで制作している5つの作品からなる連作です。今回の展覧会は、そのうちThe last whisper と Euclid's talk in sleep の2つの作品によって構成されます。

陽の目をみることなくしまわれていた大量のネガを素材に始められたThe last whisper。撮影、現像、プリントといった、光と闇とを交互に通過する写真のプロセスの中で、けっきょく埋もれていったそれらのネガに、写真家が、新たな、そして少し過剰な光との出会いを用意することで生れたイメージたちは、深い闇のなかから何かをささやきかけます。

一方のEuclid’s talk in sleep(ユークリッドの寝言)は、写真家と、光学機器であるカメラによる二次元イメージとしての写真との、次元をめぐる軽やかな対話が生み出すイメージ群です。

無関係にもみえる二つの作品が並存する「散らかった部屋」。その部屋にかすかに響く通奏低音が、写真を撮り、あるいは観るという行為についての思考を誘発することを期待しています。

[画像:「Euclid's Talk In Sleep」2010年]

メディア

スケジュール

2011年05月23日 ~ 2011年06月04日

アーティスト

山本真人

Facebook

Reviews

m_m1941: (2011-05-27)

山本真人「The messy room (散らかった部屋) 」展とJui「蝶々のかくれんぼ - Butterfly's hide and seek」展

http://blog.livedoor.jp/m_m1941/archives/51895639.html

様々な意味で対照的な2つの内容から構成される展示で、全体としては両者がひとつの空間を形成していながらも混ざり合わず、相互に少し距離を置いて響き合うような、そういう印象を受けた。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use