松下徹 「ケレン」

island MEDIUM

poster for 松下徹 「ケレン」

このイベントは終了しました。

松下徹は車やキャンバスの表面に、化学塗装を用い、これの配合によって、塗装面にひび割れを起こす作品を制作しています。

自分の意図や、作意性を消しながら、その現象の結果として絵を描くことを目的としているのです。これは、外の光を取り込みながら絵柄が変化する金屏風であったり、溶薬の配合によって、様々な表情を生み出した井戸茶碗であったり、自然現象を尊う、日本古来の表現の方法論に習っています。

同時に松下は、ストリートアートに非常に通じており、松下の絵画作品の多くは、現代のストリートカルチャーに関わるイメージを描いています。これは、現代の都市空間に生きることにおいて、生きる規範として、ストリートアートの精神性を作品に表そうと考えているからです。また、graffitiをスプレー缶で描くということ、またはステンシル技法を用いるということにおいても、ストリートアートが表現に根強く影響しています。

方法や様式から、表現の思想において、現代と過去を繋げ、変化し続ける都市空間の中で、古来より変わらない私達として生きることの指針を表すことを試みています。

[画像: "hoodies from the closet 2", 120x90cm, アルミ板に特殊塗料, 2010 ]

メディア

スケジュール

2011年05月21日 ~ 2011年06月16日

オープニングパーティー 2011年05月21日18:00 から

アーティスト

松下徹

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use