「追悼 脚本家・首藤剛志展 ゼロから始まる物語」

杉並アニメーションミュージアム

poster for 「追悼 脚本家・首藤剛志展 ゼロから始まる物語」

このイベントは終了しました。

「魔法のプリンセス ミンキーモモ」「戦国魔神ゴーショーグン」「ポケットモンスター」など多くのアニメーション作品に関わり、その誕生に携わってきた脚本家・首藤剛志氏が、昨年の10月に急逝されました。杉並アニメーションミュージアムでは、アニメ史に大きな足跡をのこした首藤氏の業績を称え、その仕事を多くの方に知っていただくために『追悼 脚本家・首藤剛志展 ~ゼロから始まる物語~』を開催いたします。

首藤氏は脚本家としてアニメ作品のストーリーを作るだけでなく、シリーズ構成などの仕事を通して、作品の “テーマ”や“方向性”を考え、“キャラクターの性格付け”を行い、その中で常にアニメーションの可能性を模索し続けました。

今回の展示会では、首藤氏のプロフィールや携わった作品の紹介、シナリオやグッズ、貴重な資料などの展示、作品の上映を通して、氏の仕事の軌跡を追い、作品を通して伝えたかったメッセージを読み解きます。

■トークイベント『湯山邦彦監督、首藤剛志を語る』
首藤剛志氏とともに「魔法のプリンセス ミンキーモモ」「ポケットモンスター」などのアニメーション作品を作ってきた盟友「湯山邦彦監督」をゲストに迎え、首藤氏との出会い・仕事上のエピソード・アニメにかけた思いなどを語っていただきます。
日時:2011年12月18日(日)14:00開演(予定)
場所:杉並アニメーションミュージアム内 アニメシアター
定員:50名(先着。応募多数の場合は抽選)
費用:無料
参加方法:12月3日(土)15:00より、メールで受付開始予定。申込み詳細は、追ってこちらのホームページで発表いたします。

メディア

スケジュール

2011年11月23日 ~ 2012年02月19日

アーティスト

首藤剛志

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use