「第5回 現代音楽の展開: 1951-2011」 講演会

神奈川県立近代美術館 葉山

poster for 「第5回 現代音楽の展開: 1951-2011」 講演会

このイベントは終了しました。

神奈川県立近代美術館 葉山では、7月23日から10月2日まで「開館60周年現代美術の展開― ザ・ベスト・コレクション」展を開催します。本展に合わせ1950年代から今日に至る現代美術 の歩みと深く関わりのあった同時代の現代音楽をテーマに、全 5 回の連続講演会「現代音楽の展開: 1951-2011」を開講します。第一線で活躍する音楽家たちを招き、それぞれの体験を踏まえつつ、 音(サウンド)による現代音楽の可能性について語りつないでいく試みです。

第5回 「メディアアートと音楽の新たな地平」
講師: 佐近田展康 (音楽家/メディアアーティスト/メディア論研究者)
1961 年兵庫県生まれ。神戸大学大学院文学研究科修士課程修了。コンピュータとプログラミング 環境 Max/MSP/Jitter を駆使した音楽活動を展開し、“機械の考古学” という独自の視点で音楽作品、 メディア・アート作品を発表している。三輪眞弘とのユニット「フォルマント兄弟」でも活動し、 Ars Electronica 2009(オーストリア)入賞のほか、ロンドンはじめ各地で公演を行っている。現在、 名古屋学芸大学メディア造形学部映像メディア学科教授。

定員: 70名 (開催の10日前までに要申込)

*詳細・申込方法はホームページをご覧ください。

メディア

スケジュール

2011年10月01日 15:00~17:00

アーティスト

佐近田展康

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use