伊藤純代 「おままごと」

NANZUKA

poster for 伊藤純代 「おままごと」

このイベントは終了しました。

伊藤純代の作品は、幼少期の記憶や体験と深く関係しています。私たちの誰しもが子供の頃に持ち合わせているイノセントな暴力性や自由な創造性は、伊藤の創作活動における重要なテーマです。「私は子供の頃、捕まえたトンボの内側を見たいが為にその殻を剝くという行為をくりかえした」と告白する伊藤の体験談は、決して特異なものではありません。人形を解体したり、それらを繋ぎ合わせて新しいキャラクターを作ったり、そういう何気ない作業の拡大によって生み出される伊藤の作品は、私たち人類が好奇心という根源的な欲求によって進化を遂げてきたという事実に忠実です。

本展「おままごと」は、役柄を振り分けて家庭の営みを模する幼少期特有の遊びにおいて子供達が抱く「環境」や「状況」への征服欲がテーマとなっています。おままごとの参加者は「周りの環境を我がものにしたい」、「キャスティングを思いのままに設定したい」という欲求を少なからず抱きますが、伊藤はこうしたイノセントな子供の欲求を造形化することを試みています。

メディア

スケジュール

2011年11月19日 ~ 2011年12月17日

オープニングパーティー 2011年11月19日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

伊藤純代

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use