「生誕100年 川端実」展

横須賀美術館

poster for 「生誕100年 川端実」展

このイベントは終了しました。

川端実は、1911年東京に生まれました。祖父は日本画家川端玉章、父も日本画家川端茂章という芸術一家に育ちました。 1936年の文展鑑査展では《海辺》が入選して選奨となり、1939年には光風会会員に挙げられ、早くから頭角を現わします。しかし、本格的にその画業を展開したのは、戦後だといってよいでしょう。 意欲的に次々と作品を発表し、1950年代にはフォーヴィックな作風から、画面を構成する強い意識をもちつつキュビスム的な 作品を描くようになります。その活躍は日本だけにとどまらず、1958年以降はベティ・パーソン画廊と契約し、 第2回グッゲンハイム国際展において《リズム 茶》により個人表彰名誉賞を受け、翌年には第5回サンパウロ・ビエンナーレ展で賞金を受けるなど、国際的な作家としての地位を確かなものにしました。以後も、主にニューヨークを舞台に活動し、 鋭い感覚が捉えた画面構成と、優れた色彩感覚を生かし、独自の抽象画を制作し続けました。

そこで本展では、確固たる仕事を残してきた川端実の生誕100年を記念し、その足跡を改めて検証いたします。 戦後の代表作を中心に、力強くそして鋭く緊張をはらんだ作品の変遷を、油彩約45点、デッサン類10点でご紹介いたします。 また本展は、川端実没後最初の展覧会であり、19年振りの本格的な個展となります。

メディア

スケジュール

2011年04月23日 ~ 2011年07月03日
5月9日(月)、6月6日(月)は休館。開館時間についてはHPをご覧下さい。

アーティスト

川端実

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use