「松井冬子展 -世界中の子と友達になれる-」

横浜美術館

poster for 「松井冬子展 -世界中の子と友達になれる-」

このイベントは終了しました。

この展覧会は、現在、その活動が最も注目される画家のひとり、松井冬子(まつい・ふゆこ)の、公立美術館における初の大規模な個展です。 横浜美術館では、2006年に「日本×画展 しょく発する6人」において、日本の古典絵画が受け継いできた美意識や主題、様式、技法などのうち、近代になって「日本画」の概念が成立する過程で捨て去られたものに、新たな価値や創作のてがかりを見いだし制作にとりくむ若手のひとりとして松井冬子をとり上げました。

松井冬子(1974年静岡県森町出身)は、油彩画を学んだのち、日本の古典絵画の技法に、表現上の魅力と可能性を見いだし、東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻に入学しました。同大の学部卒業制作《世界中の子と友達になれる》は、芸術表現が呼び起こす精神的肉体的な「痛み」を始点として、恐怖、狂気、ナルシシズム、性、生と死などをテーマに挑発的とも言える作品を制作してきた松井冬子の原点と言える作品です。

本展では、代表的な本画の作品、試行錯誤の軌跡を伝える下絵、厳密に描き込んだデッサンなどに、本展のための新作を加えた約80点によって、松井冬子の全貌をご覧いただき、《世界中の子と友達になれる》ーこの出発点から、松井冬子がどのように自らの表現を突き詰めて来たかを検証します。また、2010年にフランスで発表し、今回、日本において初公開となる作品のひとつ《喪の寄り道》や、《体の捨て場所》をはじめ本展に向けて制作された最新作は、今後の創作活動の方向性を示唆することでしょう。

一方、本展会期中、松井冬子が初めてアートディレクションを手がける映像作品を公開する予定です(2012年3月)。松井冬子の美意識が、映像という新たな表現領域においてどう発揮されるか、是非ご期待ください。

1. クロス・トーク
松任谷由実氏×松井冬子氏
ユーミンさんと松井冬子さんのとっておきの対談です。
日時:12月18日(日曜)19時〜20時
定員:200名、要事前申込み(往復はがき)、抽選、入場無料

2. 記念講演会
「不浄の肉体をもつ聖女たち―小野小町から松井冬子へ」
なぜ美女の死体は描かれるのか? 中世「九相図(くそうず)」の伝統から松井冬子の世界を照射します。
講師:山本聡美氏(共立女子大学文芸学部准教授)
日時:1月7日(土曜)15時〜16時30分(開場:14時30分)

3. アーティスト・トーク
「知覚神経としての視覚によって覚醒される痛覚の不可避」
松井冬子さんが自らの東京藝術大学の博士論文を講演形式で紹介します。
日時:2月11日(土曜祝日)15時〜16時(開場:14時30分)
*2・3の会場は横浜美術館レクチャーホール(先着240名、入場無料)。

4. ギャラリー・トーク(本展担当学芸員)
日時:12月23日(金曜祝日)/1月20日(金曜)/2月17日(金曜)/3月16日(金曜)
*いずれも14時〜14時30分。当日有効の観覧券が必要です。

5. 横浜美術館塾「ラジオ美術館」
松井冬子氏×早川洋平氏(プロインタビュアー/KIQTAS)
アートに親しむWEBインタビュー番組の公開収録です。
日時:1月14日(土曜)18時〜19時30分
定員:200名、参加無料

6. 横浜美術館塾「アートクルーズ」
閉館後に担当学芸員の解説を聞きながらゆっくりとご鑑賞いただきます。
日時:1月11日(水曜)/1月25日(水曜)/2月8日(水曜) いずれも19時〜20時45分
定員:各40名、受講料4,000円(鑑賞券含む)
*5・6は要事前申込み(Eメール)、先着順。受付開始は10月25日(水曜)です。
横浜美術館塾のお申込み・お問合せは、横浜美術館塾 yma-jyuku@yaf.or.jp 045-221-0304へ。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2011年12月17日 ~ 2012年03月18日
休館日:12/29(木)〜1/3(火)

アーティスト

松井冬子

Facebook

Reviews

TABインターン tablog review

『松井冬子展 — 世界中の子と友達になれる —』

美とグロテスクが織り成す息をのむ世界

voidchicken: (2011-12-09)

http://voidchicke.exblog.jp/17246799/
I guarantee she'll....

cbliddell: (2012-01-16)

THE BEWITCHING ART OF FUYUKO MATSUI Beauty unleashes the beast through a post-quake show of strength in Yokohama

There’s something bewitching about Fuyuko Matsui. I mean that in both senses of the word.

Yes, she’s rather too beautiful and her art is strangely mesmerizing, but, more than this, she actually seems to have some occult power to interfere with electronic equipment. Arriving at her Tokyo gallery to interview her about her latest exhibition at the Yokohama Museum of Art, my main camera goes on the blink, only to completely recover after I return home.

READ MORE>> http://www.cnngo.com/tokyo/visit/exhibition-bewitching-art-fuyuko-matsui-149215


snails: (2012-01-17)

"Fuyuko Matsui finds vitality in decay"
http://www.japantimes.co.jp/text/fa20120112a1.html

tonyscrivener: (2012-04-01)

Fuyuko Matsui's works on show were amazing.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use