阿部岳史 「幽玄」

アートフロントギャラリー

poster for 阿部岳史 「幽玄」

このイベントは終了しました。

小さな着色された立方体を一定の間隔で壁に貼る。細やかな仕事である。近くから見るとキューブにしか見えないが、遠くから見て始めてそれが写真のような精巧な絵に見えることに気がつく。虫眼鏡で初めて印刷の網点を見たときの驚きに似ている。あるいはチャック・クローズの分解された色が集合してひとつの大きな人物像をなす作品をも連想する。それでも印刷の網点やクローズの作品と阿部の作品の違いについて、実際の作品をVOCA展でよく見るまではなかなか説明ができなかった。

阿部のグリッド上に配置されたキューブには必ずといっていいほど隙間があり、壁面を作品の一部に取り込んでいる。そこに立体であるキューブが必ず影を落とす。私たちが作品に近づいたり、対峙する角度を変える度に、立体のキューブは見え方が変わり、壁に落ちた影も変わって見えてくる。鮮明さを目指す印刷技術と異なり、阿部の作品は鮮明でありえない。いつまでも不鮮明であり、像そのものが揺れ動いてしまうのである。描かれているのが何かということについては男だか女だかは判別がついても誰であるかはわからない。おそらく誰でもない不鮮明な誰かなのである。これらの作品では、色のついたキューブというシステムを使っているだけであって、本来は装置としてシンプルなシステムを使って図像を表現する試みこそ、阿部の作品の面白さなのだと思う。

今回の展覧会ではキューブを使った平面の作品とともに、立体作品が展示されることになる。基本形がキューブであることを考えてみれば、初めから立体を志向している作家なのである。ダニエル・ビュレンの例を挙げるまでもないであろう。基本のシステムを変えなくとも、平面に貼り付けられた作品を置き換えて立体空間に配置したり、色を光に置き換えたりすることでいくらでも新たな作風を開拓できるであろう。阿部岳史の現在の作品群からさまざまな可能性に広がる膨大なシステムのバリエーションを予感していただける展覧会になると思う。

メディア

スケジュール

2011年11月15日 ~ 2011年12月04日

アーティスト

阿部岳史

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use