朝海陽子 「Northerly wind」

ナディッフ アパート

poster for 朝海陽子 「Northerly wind」

このイベントは終了しました。

このたびナディッフでは朝海陽子の新作ランドスケープを展示します。朝海はこの夏、レジデンスで青森に滞在し車で各地を訪ね歩きました。生活者でもなく旅行者とも少し違う通過者の視点。ぐるりと四方に視界がひらけるほぼ無人の風景のなか、移動しながら、あるいはじっとしていると、そこには常に風が吹いていました。平面の静止画像に定着させることが困難なこの“風が吹く”(あるいは風が止むことも)ということについての思考をめぐらせながらの撮影の旅でした。

新作のランドスケープはポートレイトのシリーズとは随分異なる印象を受けますが、朝海の関心とコンセプトには通底するものがあります。それは特定の場所で起きる現象を“待つこと”。写真家はサイトを選びフレーミングすることは出来ますがその中で継起する出来事は、ある時間のなかで“待つこと”が必要になります。また、そのために被写体(この場合は“風”)に導かれて自分から普段訪れることのない場所に導かれたどり着くこと。こうしたことのための膨大な時間と移動や思考が、写真についての思考を伴う写真として独特な作品に結晶してきました。

ギャラリーでは、風を追いかけて気象表示板風向風速計を探し出し撮影された写真を中心に、移動しながら写された風景写真と構成されています。朝海が待つのは、ほんとうは決して写真には写らないものなのかもしれません。そうした写真家の関心と態度は、結果、稀有な表現を私たちにもたらしてくれています。画面に定着させることが出来ない“風”を追いかけて撮影された写真は、優れて現代的な写真についての写真ということができるとともに、“風”を探すロードムービーのような、物語が隆起しはじめる手前の風景をすくいとるような試みを追体験することができます。

また、関連トークイベントとして、気鋭の写真家・大森克己氏との対談を予定しております。これは朝海からのリクエストでもあり敢えて写真家同士の公開トークということとなりました。非常にスリリングな写真論の往還が成されることでしょう。

■ギャラリー・トーク
11月12日[土] 18:00-20:00
大森克己(写真家)× 朝海陽子
NADiff a/p/a/r/t 店内にて
入場無料(予約不要)
※30名様以降は立見となりますのでご了承ください。

[画像: 朝海陽子 「Untitled」(2011) ©Yoko Asakai ]

メディア

スケジュール

2011年11月02日 ~ 2011年11月20日

オープニングパーティー 2011年11月02日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

朝海陽子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use