「落書3 <ソウルの落書>」展

クラスカギャラリー

poster for 「落書3 <ソウルの落書>」展

このイベントは終了しました。

落書き、制限の脱皮、形式の破壊、意識の不在、直観そのものとしての落書き、これは芸術のさまざまな表現方法の中で人間の本性に一番近い形態だと判断される。

今度東京 8th Galleryで開かれる<落書き3>展示はソウルと東京の感性的交流という側面に大きい意味がある。ソウルは整理されなかった.。戦争以後60年ぶりに構築された荒い都市の人工構造物たちはディストピアのような暗い感性を噴き出す。こちら、ソウルで居住している8人の作家の荒い落書きたちはまるでこちらでの私たちの生を代弁するように、整頓されなかった荒い線、刺激的な色、ARBITRARYの形態そして直説的メッセージたちを持っている。

しかし私たちの整頓されないこの強烈さは私たちの生を代弁するということで意味を持つと思う。まだ少しの余裕もなしに前だけ見て走る私たちのこの息苦しい息づかいが東京のその誰かに少しでも伝達することができるように願う。

メディア

スケジュール

2011年02月11日 ~ 2011年02月13日

アーティスト

SUANANALEE GYU-YEOLSUNG CHAN-KYU

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use