「愉快な家 -西村伊作の建築-」 展

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 「愉快な家 -西村伊作の建築-」 展

このイベントは終了しました。

西村伊作(1884-1963)は和歌山県の新宮市に生まれ、ここに3軒の自邸を建てました。最初の家は、1906年にわが国で最初に建設されたアメリカ式のバンガロー住宅です。実用的な簡易住宅のスタイルは、今日の洋風住宅の祖形となる画期的なものでした。その後、理想の生活を実践するために工夫を重ね、いわば集大成として3番目の自邸(現・西村記念館、以下自宅Ⅲ)を完成させます。当時は、客間と主人の部屋を重視した「接客本位」の間取りが主流でしたが、家族が楽しく暮らせる生活を重視した「家族本位」への転換を試み、居間中心の間取りを初めて提唱したのです。それは、当時の封建制度の打破でもあり、生活全般の大きな変革への挑戦でもありました。また、設備面の改善にも取り組み、上下水道がなかった時代に、蛇口をひねると水とお湯がでる仕組みや、水洗式のトイレなど、給排水システムも独自に工夫を重ねました。日本人の生活改善を目指した彼の活動は、日本の近代住宅史の中でも大きな役割を果たしたと言えるでしょう。

会場では、まず伊作の思いが凝縮した自邸Ⅲを、模型や間取り図をガイドに写真パネルで詳しく紹介します。伊作は自邸のために、自分の生活に合う丈夫でシンプルな家具も数多くデザインしました。その中から居間用の椅子やタイル張りの化粧台など貴重な作品も実物でご覧いただきます。また、教会や保育園を含めた現存する数少ない建築も9軒ご紹介します。アイデアを書きとめた直筆のスケッチブックや、子供たちのためにデザインした洋服なども展示します。

彼の理想の住まいの形は、今見ても発見や驚きが多いことに改めて気付かされます。

メディア

スケジュール

2011年09月01日 ~ 2011年11月19日

アーティスト

西村伊作

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use