「シェル美術賞展2011」

代官山ヒルサイドフォーラム

poster for 「シェル美術賞展2011」

このイベントは終了しました。

シェル美術賞展は、1956年にスタートし、当時の美術界に大きな影響を与えたシェル美術賞、また平成に新しく開催された昭和シェル現代美術賞の実績を踏まえ、新しい現代絵画の表現を担う優秀な若手作家(40歳以下が対象)を発掘することを目的とした公募展です。今年度は、「ココロを揺さぶる、一点を。」というメッセージのもと作品を募集し、903名の作家の方々から1291点のご応募をいただき、 審査員長の本江邦夫氏、審査員の島敦彦氏、家村珠代氏による厳正な審査の結果、グランプリ1点、審査員賞3点、審査員奨励賞3点を含む、計37点の受賞・入選作品を決定いたしました。

「受賞作家によるアーティスト・トーク」
11月19日(土)13:00 - 13:45/14:30 - 15:15
展覧会会場内にて、本江邦夫審査委員長が聞き手となり、受賞作家数名によるトークショーを開催します。

メディア

スケジュール

2011年11月16日 ~ 2011年11月27日
10:00~19:00 (入場は18:30まで)

Facebook

Reviews

TABインターン tablog review

『シェル美術賞展2011』

1200点以上もの応募作品の中から選ばれた、受賞・入選作品を一挙公開! あなたの「ココロを揺さぶる一点」はどれですか。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use