エドガー・マーティンズ 「The Time Machine: An Incomplete and Semi-Objective Survey of Hydropower Stations」

山本現代

poster for エドガー・マーティンズ 「The Time Machine: An Incomplete and Semi-Objective Survey of Hydropower Stations」

このイベントは終了しました。

写真家エドガー・マーティンズは、1977年ポルトガルに生まれ、19歳までマカオで育ちました。2002年に英国ロイヤル・カレッジ・オブ・アートを卒業し、現在はイギリスを拠点に活動しています。昨年秋にはカルースト・グルベンキアン財団(パリ)において大規模な個展を開催し、大きな注目を集めました。また、本年の第54回ヴェネツィア・ビエンナーレではマカオ代表のひとりに選出されるなど、着実に活動の舞台を広げています。

アジアでは初めてとなる今回の個展では、ポルトガル国内の複数の水力発電所において撮影された最新シリーズ「The Time Machine: An Incomplete & Semi-Objective Survey of Hydropower Station」を発表いたします。
ポルトガルが急速な経済成長と社会構造の転換期を迎え、未来への明るい展望に沸いた時代、1950年代から1970年代にかけて相次いで建設されたこれらの水力発電所は、かつて200人以上の職員により管理されていた巨大装置でありながら、コンピューターで遠隔操作が行われるようになった現在ではほぼ無人で運転を続けています。管理システムに接続された機械が延々と並び、人間の気配の感じられない大空間を自若に捉えたこれらの作品には、われわれ人間がかつて描いたモダニティの奇妙な残骸が浮かび上がります。

ヨーロッパを中心に世界的に注目を集め始めたエドガー・マーティンズの作品を、日本で初めてまとまった形でご覧頂けるこの機会に、どうぞご期待ください。

メディア

スケジュール

2011年11月19日 ~ 2011年12月17日

オープニングパーティー 2011年11月19日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use