「LIFE311 The Charity」 イベント

スパイラル

poster for 「LIFE311 The Charity」 イベント

このイベントは終了しました。

「LIFE311ザ・チャリティー」は国内外で評価の高いデザイナー12組、メーカー7組が被災地支援プロジェクト「LIFE311」に賛同し、誰しもが夢中になれるチャリティー販売をスパイラルで行います。あのデザイナー、メーカーのデッドストックや稀少品など掘り出し物を限定販売。売上の40%は寄付され、岩手県・住田町にある木造仮設住宅の建設費に充てられます。楽しく買い物をしながら復興支援に貢献できる取り組みです。

【About LIFE311】
坂本龍一が代表を務める森林保全団体 more trees が東日本大震災の被 災地支援の為に立ちあげたプロジェクト。岩手県・住田町に地域の木材を用いた木造仮設住宅をつくる復興支援活動を行っており、地域の工務店が施工することで地元の雇用にもつなげています。そして、津波被害の大きかった陸前高田市や大船渡市の避難住民をいち早く受け入れました。1戸あたりの建設費は設備を含め約 300 万円。目標金額は3億円。

【参加デザイナー】共栄デザイン、HIROCOLEDGE、GELCHOP、amabro、松田卓也、MicroWorks、CARAVAN (mute、印デザイン、フルスイング、501 DESIGNSTUDIO、fift、83Design)

【参加メーカー】droog design + deux poissons、おいしいキッチン、HIGHTIDE、marcs international、Magno、飛騨産業、more trees design

■LIFE311 Talk Show
「木造仮設住宅とLIFE311」菅原大輔(建築家)× 水谷伸吉(more trees事務局長)

日時: 2011年8月28日(日) 16:00〜17:30
会場: スパイラルガーデン内アトリウム
席数: 100名

被災地支援プロジェクトとして各界から注目を浴び続けている「LIFE311」。まだ、木造仮設住宅の割合は少ないものの、住田町に端を発し少しずつ広がりを見せています。今回はmore trees事務局長の水谷伸吉氏が、陸前高田市における木造仮設住 宅のマスタープランを作成した建築家・アートディレクターの菅原大輔氏をゲストに招き、木造仮設住宅を手掛ける立場として 森林・林業からの復興プランやトークを展開します。建築、インテリア関係者は特に必聴です。

メディア

スケジュール

2011年08月27日 ~ 2011年08月28日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use