三田村光土里 「I'm standing beside the water」

バンビナート・ギャラリー

poster for 三田村光土里 「I'm standing beside the water」

このイベントは終了しました。

1964年愛知県に生まれた三田村は、1993年よりアーティスト活動を始め、これまで世界各地でインスタレーションを中心とした発表を重ねてきました。2006年には、ゼセッション美術館(オーストリア)において、日本人としては荒木経惟以来となる個展を開催したほか、東京都写真美術館、モスクワ現代美術館(ロシア)、ザルツブルグ近代美術館(オーストリア)など国内外で開催された多数のグループショウに参加、現在も2010年ターナー賞受賞作家のフィリップ・スーザンらが参加する水戸芸術館現代美術ギャラリーでのグループショウ「クワイエット・アテンションズ 彼女からの出発」(5月8日まで)に参加しています。また4月上旬よりメルボルンのアーティストインレジデンスに参加することが決まっています。

三田村の作品は、「人が足を踏み入れられる三次元のドラマ」。写真や映像、家具や小物が物語の挿絵のように配置されたインスタレーション作品には、三田村自身の個人的な記憶や追憶が繊細に張り巡らされており、それらは私小説を読むように私たち鑑賞者の記憶に呼応します。その行間に漂う気配は、気を抜けば指の間からこぼれおちる砂のように、はかない「時」を創り出しています。

本展では、海外での展覧会や滞在制作に向かう道中やその行った先で、これまで三田村が撮りためてきた写真作品シリーズ「empty element」「Frame」の中から水辺の風景の作品を展示いたします。

[画像:三田村光土里「Beach」(2006)デジタルCタイププリント,60×90cm]

メディア

スケジュール

2011年04月16日 ~ 2011年05月15日

アーティスト

三田村光土里

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use