クローディア・アーラリング 「The Internal Organs(内臓)」

Hiromart Gallery Tokyo

poster for クローディア・アーラリング 「The Internal Organs(内臓)」

このイベントは終了しました。

ドイツ・ハンブルク在住のアーティスト、クローディア・アーラリングの個展「The Internal Organs (内臓)」を開催いたします。この展覧会では日本での初個展に向けて制作した水彩画、油彩画を含む作品を発表いたします。

これらのドローイングとペインティングは内面過程についての作品である – 時にそれは文学的でもある。クローディア・アーラリングは、彼女自身をおとぎ話の本のように描き、観る者に彼女のページをパラパラとめくらせる。それは、人間の行動に大きく影響を受け、イマジネーションで詩的になっていった彼女の個人的な環境のページである。彼女の創作物の多義性に在する全ての知覚内在の苦悶。それらはルーツ、女性、あるいはジェンダーの地位に大きく関連していて専門的な用語で表すとしたら「特定の脆弱症」、「悪化したセンシビリティ」と定義されるだろう。

メディア

スケジュール

2011年04月22日 ~ 2011年05月29日

オープニングパーティー 2011年04月22日18:00 から 21:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use