「古墳時代の人々―人物埴輪の表情と所作―」展

東京国立博物館

poster for 「古墳時代の人々―人物埴輪の表情と所作―」展

このイベントは終了しました。

埴輪は古墳時代の初めから作られた墓専用の造形物です。初期には円筒形や壺形・家形・鳥形など、種類は限られたものでした。その後、首長の所有物としての器財埴輪(靱・盾・大刀・甲冑・船など)が登場しましたが、人物や動物(鳥を除く)は登場していません。

ところが、古墳時代中ごろ(5世紀中葉)の近畿地方で馬や犬・猪形などの動物埴輪が作られるようになり、前後して人物埴輪が登場し全国各地に広がりました。とくに、関東地方では、6世紀後半頃の大型古墳から小古墳まで、各地で多数の形象埴輪が発見されています。人物埴輪は、服装や髪型で性別やさまざまな職掌(仕事・役割)が表現されました。また、全身像と半身像があり、埴輪群での位置づけによって造り分けられていたと考えられます。

東京国立博物館には多数の人物埴輪が収蔵されていますが、大多数は破片や一部が欠落しており、完全な形として残っているのは少数派です。しかし、楽器を奏でる人物、特徴的な服装の人物、入れ墨のある顔、武装の男子像、袈裟状衣の女子像など多種多彩な人物像があり、なかには造形的に極めて優れたものも少なくありません。

[画像:埴輪 琴を弾く男子 栃木県真岡市 鶏塚古墳出土 古墳時代・6世紀 大塚尚平氏寄贈]

メディア

スケジュール

2011年03月15日 ~ 2011年07月31日
10:00〜16:00

Facebook

Reviews

haniwabe: (2011-04-10)

自由な埴輪28体に加え、総合文化展メンバーが平成館と本館に。今、トーハク、ひそかに埴輪祭り。
http://hanitona.web.fc2.com/mgtouhaku20110331.htm
上記のページに感想文と写真あります。よろしかったらご覧くださいな。

haniwabe: (2011-07-07)

今なら、もうひとつの特集陳列「よみがえるヤマトの王墓 ―東大寺山古墳と謎の鉄刀―」6月7日(火) ~ 8月28日(日)も見られます。こちらもおすすめ。
http://hanitona.web.fc2.com/mgtouhaku20110614.htm
記のページに感想文と写真あります。よろしかったらご覧くださいな。

haniwabe: (2011-07-12)

総合文化展(トーハクの常設展)で一部入れ替え。
埴輪は、猿、犬、イノシシ、短甲、武人、破風の美しい家など。
http://hanitona.web.fc2.com/mgtouhaku20110708.htm
上記のページに感想文と写真あります。よろしかったらご覧くださいな。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use