手塚治虫のブッダ 展

東京国立博物館

poster for 手塚治虫のブッダ 展

このイベントは終了しました。

“漫画の神様”といわれる手塚治虫。
『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』などの名作で知られる手塚治虫がその晩年、10年以上の歳月をかけて制作した作品が『ブッダ』です。『ブッダ』は、仏教の開祖“釈迦”の生涯(仏伝)を手塚治虫独自の解釈で描いたもので、手塚の永遠のテーマである「命の尊さ」がダイレクトに感じられます。
本展は、この『ブッダ』のオリジナル原画と仏像そのものを同じ空間に展示するという日本初の試みで、文化遺産と現代文化を融合しながら、手塚が追及したブッダの世界を間近に鑑賞していただこうとするものです。

メディア

スケジュール

2011年04月26日 ~ 2011年06月26日
月曜定休。但し5月2日、5月9日は開館。6月21日臨時休館。

アーティスト

手塚治虫

Facebook

Reviews

camax: (2011-05-30)

漫画と美術のコラボという切り口でとても心理的に入りやすい素晴らしい美術展でした。
http://ameblo.jp/camax/entry-10907428072.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use