「宗廣コレクション 芹沢銈介」 展

渋谷区立松濤美術館

poster for 「宗廣コレクション 芹沢銈介」 展

このイベントは終了しました。

静岡市の呉服商の家に生まれた芹沢銈介(1895~1984)は、30才代前半に民芸運動の創始者で、生涯の師となった柳宗悦と出会い、そして沖縄の伝統的な染色である紅型に衝撃を受けたことを契機に、本格的に染色の道へ入りました。河井寛次郎、浜田庄司らとともに民芸運動に参加し、紅型を精神的な支柱にすえつつ、極めて独創的な型絵染を考案しました。曇りのない明るさと静けさに満ちた芹沢の作品は、国内外で個展が開催されるなど、国際的にも高い評価を得ています。

本展では、自らも染織家である宗廣陽助氏のコレクションから、代表的な型絵染による屏風、暖簾、着物のほか、宗廣氏が心から師と慕う芹沢の「手」が強く残る硝子絵や板絵、スケッチ帖などの肉筆作品もあわせて展示します。一人の染織家が自身の研究と芹沢への想いから強い情熱をもって蒐集してきた作品を通して、芹沢芸術の本質と魅力に迫ります。

■講演会「芹沢銈介の仕事」 10月15日(土) 14:00~ 講師: 白鳥誠一郎(静岡市立芹沢銈介美術館学芸員)

■記念ギャラリートーク: 11月3日(木) 14:00~ 講師: 宗廣陽助(紬織り制作者)

[画像: 芹沢銈介 「みのけら図屏風」 (1957) ]

メディア

スケジュール

2011年10月04日 ~ 2011年11月20日

アーティスト

芹沢銈介

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use