「コレクション037 李禹煥と韓国の作家たち」展

東京オペラシティ アートギャラリー

poster for 「コレクション037 李禹煥と韓国の作家たち」展

このイベントは終了しました。

「東洋的抽象」のテーマをもつ寺田コレクションには、韓国をルーツとした作家の作品が多く収蔵されています。コレクションを収集した寺田小太郎氏は「日本的なるもの」への探求を進めるうち、歴史的にも現代においても日本の美の源流に朝鮮半島の影響があることを強く感じたといいます。また寺田氏によれば、コレクションのもう一つのテーマ「ブラック&ホワイト」の「ホワイト=白」は、寺田氏が韓国の作家の作品に惹かれる要素の一つです。李朝の白磁や木綿の衣服を思わせるそれは、黒と同様、寺田氏が魅力を感じてきた「『表現』と『非表現』の世界」を往還する色なのです。すなわち表現の要素を削ぎ落としてゆくことで向かう無の世界であり、同時に豊かな世界の広がりを想像させます。

本展で紹介するのは、長年日本で過ごした郭仁植や李禹煥、パリで制作を続ける鄭相和(チュン・サンハ)、日本で生まれ育った尹熙倉をはじめとする様々なかたちで韓国と日本、あるいは西洋に制作の根を広げてきた作家です。彼らが西洋を起源とする近現代の美術の流れの中で個を意識し、独自の作風に到達したのは明らかですが、彼らの作品にみられる存在そのものへの関心や、自然と美が結びつく瞬間を捉える直観、時に自然を超えようとする人間の根源的なエネルギーに触れるたび、日本人が古くから憧れをもってきた、かの国の風土に由来する自然の鼓動を感じずにはいられません。

[画像: 李禹煥「線より」岩絵の具、キャンバス 99.5x80.0cm (1976)]

メディア

スケジュール

2011年04月09日 ~ 2011年06月26日

アーティスト

李禹煥

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use