「人狼 JIN-ROH セル画」 展

杉並アニメーションミュージアム

poster for 「人狼 JIN-ROH セル画」 展

このイベントは終了しました。

「第54回毎日映画コンクール・アニメーション賞」、「ファンタスポルト1999 最優秀アニメーション賞・審査員特別大賞」など多くの受賞歴を持ち、世界からも高い評価を得ている沖浦啓之監督のアニメーション映画『人狼 JIN-ROH』。この作品は、「セル画を使用して制作された日本で最後の長編アニメーション作品」でもあります。“手描き”そして“セル画を使用すること”にこだわった映像はアナログ技術の集大成であり、デジタル技術に置き換わった現在のアニメーションと比べても引けをとらず、画面から醸し出す迫力は観るものを圧倒します。

現在ではほとんど見られなくなった『人狼 JIN-ROH』の貴重なセル画を原画や背景画などとともに展示し、デジタル技術と比較しつつ、セル画によるアナログ技術の魅力を探っていきます。

[画像: (c)1999 Mamoru Oshii/BANDAI VISUAL・Production I.G]

メディア

スケジュール

2011年09月21日 ~ 2011年11月20日 16:00
9月27日(火)は休み。月曜が祝祭日の場合は開館し、翌平日休館。

アーティスト

沖浦啓之

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use