「万徳旅館にみる暮らしの100年」展

江戸東京たてもの園

poster for 「万徳旅館にみる暮らしの100年」展

このイベントは終了しました。

江戸東京たてもの園では、平成23年9月から新しい建物が加わりました。青梅市に建っていた万徳旅館は、江戸時代末期から明治初期に建てられ、旅館として多くの方に利用されました。江戸東京たてもの園への移築にあたり、さまざまな生活民俗資料も、一緒に寄贈されました。今回、この万徳旅館の公開を記念して、万徳旅館の中で使われてきた資料と、江戸東京博物館の収蔵資料を中心として、わたしたちの住まいや暮らしが大きく変わったこの100年を振り返る展覧会を開催いたします。電気や水道、ガスなど、都市基盤の整備にともなって、わたしたちの生活がどのように変わっていったのか、一緒に考えてみませんか。

メディア

スケジュール

2012年01月17日 ~ 2012年04月08日
3/19(月)・26(月)、4/2(月)は開園

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use