会田誠「美術であろうとなかろうと」

トーキョーワンダーサイト・本郷

poster for 会田誠「美術であろうとなかろうと」

このイベントは終了しました。

TWSでは、段階的・継続的な若手支援事業としてTWS-Emergingを開催しています。このたび、TWSでは国内外で活躍するアーティスト(Master)の初期(Emerging)から現在に至る活動を紹介する「Emerging/Master」シリーズを開始します。記念すべき第1回目は会田誠氏を迎えます。大学在学の頃に描いていたドローイング作品をはじめ、彼が現在、精力的に展開しているプロジェクト「MONUMENT FOR NOTHING」シリーズの公開制作を行うとともに、会田氏が注目する若手アーティストたちの活動も紹介していきます。

美術(芸術、アート、contemporary art)とは何か----このような問いを前提に作られるものは、すべて近い将来滅びる運命にあるだろう。美術であろうがなかろうが、作りたいものを作る/作るべきものを作る/生きたいように生き、その痕跡として何かが残る――そのようなものしか後世には残らないだろう。悪いが今や美学者たちは、その忠言を聞くことが命取りになるウィッチドクターだ。このような僕の日常的な確信の一環としてこの展示はある。
-会田 誠

MONUMENT FOR NOTHING Ⅱ
共同制作者募集!!!

●古ダンボールだけを素材に、ゴシック祭壇彫刻だか古代遺跡だか分からないが、何かそんなもんの現代・日本版を、たっぷりの時間と人数を使って作ろうという、2008年から始まってこれが6回目のワークショップ。壮大かつ悠長な制作を再び我らの手に。理屈を超えた「とにかくスゲーもの」をいっしょに作らないか!
●無心になって手を動かそう。誰もがズブの素人として裸一貫で、もの作りの始原性に立ち向かおう!
●もの作りは人生最良のヒマつぶしだと思う。経験不問、道具不要。来たれヒマしているダメ学生、オタク、ニート、パラサイト、引きこもり、メンヘラ諸君!
●「作り方」だけは最低限の統一ルールがあり、それは教える。あとは何を作ろうとキミの自由。キミがキミの主役だ!
●キミが作ったものは少なくとも2012年11月から4ヶ月間、都内某美術館に展示されることだけは確実に決まっている。さらに、いつかちゃんとした美術館の収蔵庫に(人類が存続する限り)永遠に残る――それだけは約束しよう!
●ある程度以上がんばってくれた人には「MONUMENT FOR NOTHING Ⅱ」特製スタッフTシャツをプレゼント!
●2ヶ月弱ある期間中の、いつ来てもいい。でもできれば最初のうちに、試しに一回来てほしい。僕は木・金・土の17時から20時まで、日曜日は終日会場にいるだろう。そしてそのあと飲み会に流れることも頻繁にあると思う。
(予約不要・直接会場へお越しください)


[画像: 会田誠+21st Century Cardboard Guild | AIDA Makoto + 21st Century Cardboard Guild 《MONUMENT FOR NOTHINGII》2008~ 展示風景:「TDW-ARTジャラパゴス展」、明治神宮外苑中央会場、東京、 2010撮影:宮島径 ]

メディア

スケジュール

2011年11月05日 ~ 2011年12月25日
木金土は開館時間延長 11:00→20:00 (最終入場は19:30まで)

オープニングパーティー 2011年11月12日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use