「第2回Mancy's Art Nights」

Mancy's Tokyo

このイベントは終了しました。

Mancy's Art Nights は東京でも最先端のショップやレストランが集まる麻布十番の、イタリアンレストラン、Mancy Tokyo (Luxury + Cafe) を舞台に、「食」と「遊」と「アート」のコラボレーションタノシクナケレバアートジャナイ ( 楽しくなければアートじゃない)を大真面目に考え、10室のKARAOKE ルームを展示会場に利用した、新しいコンセプトのアートフェアーです。各参加画廊の取り扱い作家は、多種多様、生まれたてホヤホヤの新人から国際的に活躍する話題のアーティスト迄、凝縮されたラインアップでカッティングエッジなアートシーンを紹介致します。

Mancy's Art Nights は、現代アートを、新しいターゲットに紹介してゆく為に、「賑やか」「華やか」「リッチ」という日本の現代アートシーンでは使われなかったキーワードを掲げ、新世代コレクターを巻き込み、アートの楽しみ方を提示してゆく中で、ヤングセレブとアートの密接な関係を構築してゆきます。
Mancy s Art Nights は、2010年1月に第1回を開催して以来、海外コレクターの間で、KARAOKEルームでのアートフェアーという日本ならではの試みが話題となりました。又、アーティストやギャラリストとゆっくりと会話をお楽しみ頂けるのも、他のフェアーとは異なる Mancy's Art Nights ならではの特徴です。リラックスした雰囲気の中、お酒や食事と供に作品を、見るも良し、買うも良し、の二日間をご提供いたします。

20日14:00- キュレーター・トーク(遠藤水城氏)
20日16:00- アーティスト対談(ゲストは当日発表)

*キュレータートーク(遠藤水城氏)
「キュレーションの可能性とその明確な限界」
キュレーターという職業が注目され始めたのは欧米では1970年代、日本では1990年代以降である。だが、そもそもキュレーションとは美術館で働き、展覧会を作ることだけを指すのだろうか。キュレーターの「本来的な」ミッションはなにか、今後どこへ向かうのか、そしてそれはアートのありかたにどのように影響するのか。現在、東京オペラシティアートギャラリーで開催中の「曽根裕展:Perfect Moment」のゲスト・キュレーターを務めた遠藤氏がキュレーションの方法論を語る。

メディア

スケジュール

2011年02月19日 15:00 ~ 2011年02月20日
19日 15:00 〜 24:00、20日 11:00 〜 21:00

オープニングパーティー 2011年02月19日21:00 から 1 day, 0:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use