「Beautiful South」展

クラスカギャラリー

poster for 「Beautiful South」展

このイベントは終了しました。

オーストラリア人アート写真家たちによるハイクオリティーな写真展が8月20日より東京・目黒のCLASKA 8F The 8th Galleryで開催されます。「Beautiful South」と題したこの写真展は、ヒューマニズムと9人の写真家たちの独特な世界観を合わせた作品を紹介しています。

出展者は、エマニュエル・アンジェリカス、ケビン・バランタイン、マイケル・グレイ、ロズロ、マックス・パム、ジャック・パム、ミッシェル・テイラー、ユハ・トロネン、トニ・ウィルキンソン。この写真展の息吹と奥深さは、 オーストラリア現代アート写真の多面性に触れるきっかけとなることでしょう。

包括的なテーマは特になく、彼らの高い技巧や多様な作品の世界を垣間見ることができるものになっています。それぞれが自分の追い求める世界の代表的な作品を持ち寄り、写真という媒体を通じて表現することにフォーカスした独特の描写を施したドキュメンタリーとしての作品と彩りのある作品両面の世界を繰り広げています。

CLASKA 8F The 8th Galleryでの開催となります。

メディア

スケジュール

2011年08月21日 ~ 2011年08月23日 17:00

オープニングパーティー 2011年08月20日18:00 から 20:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use