「project N 46: 石井亨」 展

東京オペラシティ アートギャラリー

poster for 「project N 46: 石井亨」 展

このイベントは終了しました。

石井亨は1981年静岡県に生まれました。「アニメ、ゲーム、プラモデル、Nゲージに様々なイメージをかき立てられ、サッカーを通じて身体の動きを学び、ボーイスカウトでの野外活動で自然と触れ合って育った」という彼が、なぜ染織なのでしょうか。

友禅染は周知のとおり着物のために考案された染色技法です。石井はこの友禅染を技法として用いつつ、伝統工芸の領域とは一定の距離を保ってきました。そこにはイギリス留学を機に自らのバックグラウンドを問い、自国の文化について客観的な目を獲得した経験が大きく影響しているのでしょう。彼が目指すのは、友禅染を本来の[用の美]から切り離し美術の文脈にのせて現代へと引き寄せることです。

石井は制作を通じて「新しい伝統」を創造したいと考えています。それは伝統芸術を継承しながら自分にしかできない仕事によって「新しい価値」をつくりあげることにほかなりません。かつて友禅斎が誰にもない発想を古典模様に取り込んで時代の最前線に立ったように、彼もまた、美術の領域に身を置いて伝統の流れに働きかけたいと願うのです。そしてそれは友禅染という日本の伝統工芸を通じて世界に自分の位置を示すことでもあるのです。

[画像:石井亨 「立花模様」 (2011) 友禅染、絹、パネル 107 x 107 cm photograph: 早川宏一]

メディア

スケジュール

2011年07月16日 ~ 2011年10月02日

アーティスト

石井亨

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use