「光と音のシンフォニー ライティング・オブジェ2011」展

東京国際フォーラム

poster for 「光と音のシンフォニー ライティング・オブジェ2011」展

このイベントは終了しました。

「ライティング・オブジェ」は、アーティストたちが自分たちの作品を通して「地球環境と子供たちの未来に向けた平和のメッセージ」を発信する光のチャリティアート作品の展覧会です。文化功労賞の朝倉 摂氏監修のもと、日本を代表する国際ビジネス都市、丸の内・大手町・有楽町エリアを舞台に見立て、各界で活躍中の石井竜也氏、喜多俊之氏、日比野克彦氏をはじめとするアーティストたち12名が集まり、2006年12月にスタートしました。

3月11日に発生した東日本大震災を受け、これまでの「地球環境と子供たちの未来に向けた平和のメッセージ」に加え、「震災復興と未来に向けてのメッセージ」も発信していきます。鎮魂の想いと平和の祈りを込めた光が、あたたかく心に響くアートチャリティ展で、大切な人とクリスマスのひとときをお過ごしください。

■会場: 東京ビルTOKIA、国際フォーラム、有楽町マルイ、ニッポン放送などの丸の内・有楽町エリア

■光と音のアート作品の展示、輝くオブジェ作品等のチャリティオークション(予定) 12月15日(木)~12月26日(月)
作品はチャリティオークションにて販売され、収益金は地球環境保護と子供たちの未来のために慈善団体に寄付されます。

■「ライティング・オブジェ」点灯式 12月15日(木) 17:00~
石井竜也さんをはじめとする参加アーティストが多数出席し光輝く点灯式を行います。

■参加アーティスト/総勢100名を超すアーティストが参加

■ハンドベル・シェリー・クリスマスコンサート 12月23日(金・祝)14:00-16:00
アート作品を背景に幻想的なハンドベルのクリスマスソングをお楽しみいただけます。

■「光の箱」ワークショップ 日時未定(※決定次第、オフィシャルサイトにてお知らせいたします)
造形作家松村泰三氏を講師にむかえ、光にかざすと美しく変化する「光の箱」を制作します。作成した「光の箱」は光の壁としてアート作品の一部となります。

メディア

スケジュール

2011年12月15日 ~ 2011年12月26日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use