第14回文化庁メディア芸術祭

国立新美術館

poster for 第14回文化庁メディア芸術祭

このイベントは終了しました。

「第14回文化庁メディア芸術祭」を2011年2月2日から13日まで、メイン会場を国立新美術館、サテライト会場を東京ミッドタウンとして開催いたします。

受賞作品展では、アート、アニメーション、映像、ゲーム、Web、マンガなど、49ヶ国・地域の2,645作品から選ばれた作品を約170点紹介します。受賞作品や審査員推薦作品を展示するほか、受賞者や審査委員をはじめ、海外フェスティバルのディレクターが出演するシンポジウムや、アーティストらが自身の作品について語るプレゼンテーションなどを実施。ソーシャルメディアを用いた情報発信やコミュニケーションも取り入れて、メディア芸術の「いま」を体感できるライブなフェスティバルを目指します。

さらに、海外のメディア芸術関連フェスティバルを紹介する「Media Arts in the World」や「ワークショップ」、また協賛事業として「先端技術ショーケース」や「学生CGコンテスト受賞作品展」など、会期を通して多彩なイベントを予定しています。

【国立新美術館】
■企画展示室2E
・受賞作品・審査委員会推薦作品展示
・作品上映
・ソーシャル・メディア・ラウンジ(プレゼンテーション)
■3階 講堂
・受賞者シンポジウム
・テーマシンポジウム
・作品上映

【東京ミッドタウン(サテライト会場)】
■ガレリア B1F アトリウム
・アート部門大賞作品『Cycloïd-E』展示(2月11日まで)
・ソーシャル・メディア・ラウンジ(プレゼンテーション)
■ミッドタウンタワー4F カンファレンスルーム7
・作品上映

その他イベントの詳細については、Webページを御覧ください。

メディア

スケジュール

2011年02月02日 ~ 2011年02月13日
金は20:00まで、2/8は休館

Facebook

Reviews

cizuhara: (2011-02-02)

hokkamuri: (2011-02-04)

アート部門の展示が去年よりかなり充実しているのが、すなおにうれしい。

去年上映室で家族連れや高齢者が『青い花』を眺めている光景がとてもすばらしかった。

そして何より、よい作品がこうして顕彰される環境に暮らしているのだと、かすかな安堵と、希望がわいてくる。

hypo: (2011-02-13)

会場は先日のDOMANIに引き続き国立新美術館。
二階の一番奥でやってます。

アート、エンターテイメント、アニメーション、漫画と進む形式。

まずアート部門大賞を取った「Cycloïde-E」は
先にスピーカーのついた金属管がくみ合わさってグネグネ動く不思議な作品。
実物の動きはいい意味でキモチワルイので、一見の価値あり。

また、ICCのオープンスペース2010にも展示してある「10番目の感傷」は必見。
背景知識を必要とする作品が多い中、ただどっぷりと世界観に浸れる快感は貴重で異色。

背骨のように張り付いた金属板が揺れる様を楽しむ「Succubus」にはツボってしまい、笑いが止まりませんでした…。

次がエンターテイメント部門。

一時期話題になった「Parade」をはじめとして、
ゲームとアートの中間地点にいるような「無限回廊 光と影の箱」、
タイポグラフィをアナログに魅せた「アルクアラウンド / サカナクション」、
不思議な歌詞と映像の融合を楽しむ「夏を待っていました / amazarashi」、
iPadの発売日に度肝をパフォーマンスを魅せた「iPad Magic」など、素直に観て楽しめる作品が多かったです。

アニメーション部門では
「マイマイ新子と千年の魔法」、「フミコの告白」など、話題になった作品が多く展示されていました。
ここはYouTubeとかで該当作品を検索してもらうと雰囲気がわかると思います。
受賞作品一覧はこちら。

漫画部門で一番印象に残ったのは「孤高の人」のスケッチ。
とにかくうますぎる!
あまりの上手さに鳥肌たちました。。。

今年は今までよりも「遊ぶ」というよりも「観る」展示が増えたような印象。
(インタラクティブ系の展示が一カ所にまとまっただけかも)

無料だし、近くの方はぜひ。

http://hypo-me.blogspot.com/2011/02/blog-post.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use