14th Japan Media Arts Festival

The National Art Center, Tokyo

poster for 14th Japan Media Arts Festival

This event has ended.

The 14th Japan Media Arts Festival will be held from February 2-13 at the main venue located in the National Art Center, Tokyo, and the satellite venue at Tokyo Midtown. On display will be over 170 works from 49 countries and territories chosen from a total of 2645 submissions, including visual art, animation, video, games, web-based projects and manga.

There will also be symposiums led by leading festival directors from around the world, presentations by artists about their own work, and other related events including "Media Arts in the World", a mini festival of media art from abroad, cutting-edge showcases of technology and award-winning computer graphics displays by students.

See website for more details.

Media

Schedule

From 2011-02-02 To 2011-02-13
Until 20:00 on Friday, closed on February 8th

Facebook

Reviews

cizuhara: (2011-02-02)

hokkamuri: (2011-02-04)

アート部門の展示が去年よりかなり充実しているのが、すなおにうれしい。

去年上映室で家族連れや高齢者が『青い花』を眺めている光景がとてもすばらしかった。

そして何より、よい作品がこうして顕彰される環境に暮らしているのだと、かすかな安堵と、希望がわいてくる。

hypo: (2011-02-13)

会場は先日のDOMANIに引き続き国立新美術館。
二階の一番奥でやってます。

アート、エンターテイメント、アニメーション、漫画と進む形式。

まずアート部門大賞を取った「Cycloïde-E」は
先にスピーカーのついた金属管がくみ合わさってグネグネ動く不思議な作品。
実物の動きはいい意味でキモチワルイので、一見の価値あり。

また、ICCのオープンスペース2010にも展示してある「10番目の感傷」は必見。
背景知識を必要とする作品が多い中、ただどっぷりと世界観に浸れる快感は貴重で異色。

背骨のように張り付いた金属板が揺れる様を楽しむ「Succubus」にはツボってしまい、笑いが止まりませんでした…。

次がエンターテイメント部門。

一時期話題になった「Parade」をはじめとして、
ゲームとアートの中間地点にいるような「無限回廊 光と影の箱」、
タイポグラフィをアナログに魅せた「アルクアラウンド / サカナクション」、
不思議な歌詞と映像の融合を楽しむ「夏を待っていました / amazarashi」、
iPadの発売日に度肝をパフォーマンスを魅せた「iPad Magic」など、素直に観て楽しめる作品が多かったです。

アニメーション部門では
「マイマイ新子と千年の魔法」、「フミコの告白」など、話題になった作品が多く展示されていました。
ここはYouTubeとかで該当作品を検索してもらうと雰囲気がわかると思います。
受賞作品一覧はこちら。

漫画部門で一番印象に残ったのは「孤高の人」のスケッチ。
とにかくうますぎる!
あまりの上手さに鳥肌たちました。。。

今年は今までよりも「遊ぶ」というよりも「観る」展示が増えたような印象。
(インタラクティブ系の展示が一カ所にまとまっただけかも)

無料だし、近くの方はぜひ。

http://hypo-me.blogspot.com/2011/02/blog-post.html

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use