三嶋りつ恵 「あるべきようわ」

資生堂ギャラリー

poster for 三嶋りつ恵 「あるべきようわ」

このイベントは終了しました。

三嶋りつ恵は、1989年にベネチアに渡り、1996年よりムラーノ島のガラス工房で熟練した職人とのコラボレーションにより作品を制作しています。透明度が高く、柔らかいというベネチアガラスの特徴を活かし、有機的なフォルムをもつ美しいガラス作品を生みだします。

今回は、建築家の青木淳の協力を得て、"神殿"をイメージした静謐な空間をつくり、そのなかに、これまでの代表作と最新作をあわせた約25点を展示します。空間全体を演出した、三嶋りつ恵の世界をどうぞお楽しみください。

【関連イベント】
三嶋りつ惠(ガラス作家) × 小池一子(クリエイティブ・ディレクター)対談
会場:ワード資生堂(東京銀座資生堂ビル9階)
定員:60名 ※お申込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
参加費:無料
日時:2011年5月20日(金)18:00〜20:00
締切:2011年5月12日(木)

メディア

スケジュール

2011年04月12日 ~ 2011年06月19日

アーティスト

三嶋りつ恵

Facebook

Reviews

henacyoko: (2011-05-07)

丸みを帯びた氷のような作品群でした。
http://henacyoko-art.at.webry.info/201105/article_4.html

marusuke: (2011-06-13)

スペースがいつも以上に真っ白でした。上から見たときには白い部屋に入れるのかと思いましたが、隙間からすらっと見せるとかにくい演出。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use