増村真実子 「カサブタ」

waitingroom

poster for 増村真実子 「カサブタ」

このイベントは終了しました。

増村にとって初の個展となる本展では、過去の作品に新たに手を加えたものを含め、合計6点の乾漆作品、数点のドローイング作品を展示いたします。
増村の作品の特徴は、漆と乾漆という日本の伝統的な素材・技法を踏襲しつつ、現代的な感性でつくられたポップで、どこか懐かしさのある造形です。モチーフの多くは、子供でもなく大人でもない存在の少年少女。誰もが通る、未分化で、未発達なその像は、あどけなさを纏いつつも、強い意思と憂いを同時に秘めたような表情、そして幾重にも塗り重ねられた漆の艶やかで滑らかな質感と相まって、凛とした空気すら持っています。それは、縄文時代より用いられてきた漆が、増村の手によって、見る人の記憶に訴えかけるようなかたちで生まれ変わったようにも感じられます。

[画像: チュウ(2012) 乾漆、木彫、彩漆 漆、麻布、顔料、木 100cm × 30cm × 19cm]

メディア

スケジュール

2012年09月15日 ~ 2012年10月28日
月曜日 17~23時

オープニングパーティー 2012年09月15日18:00 から 21:00 まで

アーティスト

増村真実子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2020) - About - Contact - Privacy - Terms of Use