八重樫ゆい 「初夏と習慣」

MISAKO & ROSEN

poster for 八重樫ゆい 「初夏と習慣」

このイベントは終了しました。

八重樫の絵画にはきちんと整理された順序によって生じる美しさがあります。抽象絵画の一歩をたどるのではなく、抽象とは違ったとらえかたで絵画を制作しています。それは、モチーフに隠されたヒントをたよりにありのままでもあり、単なる再現でもない「システム」を描くというところに焦点があてられています。八重樫の絵画のモチーフのひとつに、布生地などにみられるパターンがあります。ヒントとなったモチーフをどのような方法で描くのかを生み出すのが重要なのです。つまりは実際には別の方法で完成している絵画ではない物を、絵画に置き換える作業を試みることになります。キャンバスを貼る、絵の具を選ぶ、どの道具で描くかなど絵画を完成させる上で必要なプロセスひとつひとつの確認作業に焦点が当たっているとも言えるでしょう。また形を必要としないパターン(模様)、そして制作プロセスにおいて、絵画全体のバランスに焦点があたってしまう曲線をなくした描写を小さい画面の中で表現します。 最初に決めたプロセス(絵の具をのせる順番などの行程)を元に淡々と描くといった制作は、毎日の習慣としてアーティストの中に根付いているのです。

メディア

スケジュール

2012年06月24日 ~ 2012年07月22日

オープニングパーティー 2012年06月24日13:00 から 16:00 まで
Sunday brunch

アーティスト

八重樫ゆい

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use