林ナツミ 「写真集『本日の浮遊』重版記念トーク&サイン会 」

代官山 蔦屋書店

poster for 林ナツミ 「写真集『本日の浮遊』重版記念トーク&サイン会 」

このイベントは終了しました。

『本日の浮遊』は、現在進行中の林ナツミによる日記プロジェクトです。日常生活の中で、空中に浮遊している自分自身を撮影し、ウェブ上に日々公開していくもので、2011年1月1日からスタートしました。
1/500秒のシャッタースピードで切り取られた「跳躍の一瞬」は写真の中で「浮遊」しはじめ、不思議な時間が流れ出します。
ソーシャルメディアを通じてたちまち注目を集めた「浮遊写真」は世界中から多くのファンがアクセスし、ヨーロッパ、アジアをはじめさまざまな媒体で紹介されています。
人間は地球上に生まれ落ちた瞬間から重力に縛られます。赤ん坊は保護者がいなければ自分の体重を支えることができず、やがて成長して筋力を身につけたのもつかの間、いずれは老いて杖が必要になります。「あたかも重力は人生の苦難の象徴のように思える」と作者は言います。
重力から自由になっている人間の写真を日々撮りつづけること、それが林ナツミの『本日の浮遊』プロジェクトです。
7月に青幻舎より刊行された『本日の浮遊』は、発表作品の一部をまとめた初写真集です。その場、その瞬間にしか出遭えない光の中で、『本日の浮遊』を日記のようにとどめた林ナツミの写真は、一体どのように撮影されたのでしょうか。
本書の重版を記念して、共同制作者でもある原久路氏を招き、撮影スタイルや撮影時のエピソードを伺います。
ゲスト: 原久路(はら・ひさじ)
※トークショーはご自由にご覧いただけます。お申込み先着60名様には座席のご用意がございますので、お電話又は店頭にてご予約の上、ご参加下さい。
[関連イベント]
「サイン会」
写真集『本日の浮遊』ご購入者様にはサイン会整理券を配布いたします。

メディア

スケジュール

2012年11月02日 19:30~

アーティスト

林ナツミ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use