「ホームアゲイン -Japanを体験した10人のアーティスト」展

原美術館(東京)

poster for 「ホームアゲイン -Japanを体験した10人のアーティスト」展

このイベントは終了しました。

本展は、2007年から2011年にかけて日本でのアーティスト イン レジデンス(滞在制作)を体験した広域アジアならびにアメリカ大陸の若手アーティスト10名による展覧会です。彼らは、バッカーズ・ファンデーションとNPO法人アーツイニシアティヴトウキョウの招聘プログラムで来日しました。このたび原美術館では、この10名を一堂に集め、日本滞在中に制作した作品と、帰国後に制作した近作・新作をあわせて構成いたします。国際情勢が変化する中で、非西洋文化圏あるいは開発途上国・新興国からも国際的なアートシーンへアーティストが続々と登場しています。広域アジア・中南米の若手アーティストを取り上げる本展は、こうした現代美術のグローバル化に鑑みて意義ぶかいものであると言えます。言語・宗教・慣習の異なるさまざまな文化圏からやってきたアーティストたちにとって、「Japan」体験はどのようなものだったのでしょうか。「Japan」は彼らにとってホーム(故郷)ではありませんが、それぞれのホームを再確認し、文化の壁を越えた「共生」に向けた何かを得る契機になったと言えます。かつて私邸として建てられた原美術館の空間を使った本展が、そうした「共生」のための仮想の家(ホーム)を提示するものです。

<関連イベント>
8月28日(火)ホームアゲイン展開催記念トークイベント(予約制)
19:00-21:00
出品作家ならびに原美術館とアーツイニシアティヴトウキョウ(AIT/エイト)の担当スタッフのトーク、出品作家デュート ハルドーノのパフォーマンスなど、盛り沢山の内容を予定しております。
※詳しくはホームページをご覧下さい。

[画像: メアリー=エリザベス ヤーボロー「変化(太陽の下で日々が始まり、終わる)」(2008)ダクトテープ、粘着性マット、黒色アクリルパネル 53 x 81 x 1.27cm]

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

Facebook

Reviews

lovesick: (2012-10-02)

中庭を望むテラスのカフェで休日をのんびり過ごす人たちの姿があった。

この狭いニッポンで思慮した各国のアーティストたちの作品はユーモラス。
独創的ながら、決して合わせたわけではないだろうけれど空虚と希望がテーマになっているように思えた。
入って2つ目のお部屋の、青とりどりのマント。
あやうく落ちそうになる楕円の石に上ってみると、違う角度からモノを見れるという単純なおどろきと、冷たい石が足裏に心地よく、不思議な感触がした。アレ!おもしろかった。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use