「NADiff window gallery vol.27 ロッテ・ライオン“20 books”」

ナディッフ アパート

poster for 「NADiff window gallery vol.27 ロッテ・ライオン“20 books”」

このイベントは終了しました。

このたび NADiff window gallery では、ロッテ・ライオンの新作“20 books”をご紹介いたします。
ロッテ・ライオンは1970年オーストリア生れ。現在はウィーン在住。日常的な素材を用いてミニマムな彫刻を制作しています。ヨーロッパを中心に展示・発表を続ける中、本年は国際芸術センター青森でアーティスト・レジデンスにも参加する等、活動の域を広げつつあります。
ロッテの新作は、ポスター型のカタログ《poster》と、《limited edition》として製作される合板パネルを素材とする作品で、この二つを併せるとユニークな「本」として見立てることができます。
《limited edition》は本の表紙カバーとなるような、矩形の合板パネルが2枚蝶番によって結合しています。パネルの内側には、ロッテの既出作品に使われた同じ絵具が2色の組み合わせで施され、限定20部の全て異なる色彩のパターンによるユニークピースです。二色のモノクロームの色面や、描かれた部分/描かれない部分の提示による相互作用、見るもののアクションによって作品が変化する可変性など、ロッテの他の作品とシンクロするこの作品は、折りたたむことのできる「彫刻」であり、ユニークな「本」でもあります。
《poster》は、ロッテの2006年以降から2012年にかけての作品、青山│目黒での展示記録とともに、松井みどりによるテキストも所収。また折りたたむことで《limited edition》の矩形作品と同一サイズになります。この作品の購入者が自らのの書棚に作品をおさめ、時折手にとったりしながら、置かれる場所や見る角度が変化し、周囲の環境との関係性を持っていく。「本」という物体が、身体的行為を促していく装置であることに気づかされながら、ロッテ作品に含まれる可能性を実践することになるでしょう。
本展は、青山│目黒 (中目黒) で開催されるロッテ・ライオンの新作展「Drift」と同時開催となります。ふたつの会場を巡ることが、彫刻が関係していく異なる空間に立ち合うイベントとしての試みでもあります。

[関連イベント]
・ロッテ・ライオン アーティスト トーク
日時: 12月11日(火)19:00~20:00
参加費: 無料・予約不要 随時通訳- 荒木悠氏
現在3会場にて展示中の作家自身によるアーティストトークを開催致します。 「Drift」「20Books」「ストーリーテラー」を中心に、近作や今までの作品についてプロジェクションとともにお話致します。

メディア

スケジュール

2012年11月27日 ~ 2012年12月23日

アーティスト

ロッテ・ライオン

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use