「キッチュとは何か、あるいは<価値真空状態>の芸術-石子順造を読む」トークイベント

Art Trace Gallery

poster for 「キッチュとは何か、あるいは<価値真空状態>の芸術-石子順造を読む」トークイベント

このイベントは終了しました。

美術、漫画、キッチュを無差別的に論じた批評家、石子順造の活動を検証する試みとして、現在、府中市美術館において「石子順造的世界」展が開催されている。美的価値の体系を体現する美術館という仕組みのなかで、無差別性という徴を帯びるがゆえに反=美術館的な思考を再構築するという点で、逆説的でしかありえないこの注目すべき試みの余白で、いま一度石子順造の思考を再検討してみたい。とはいえ、この批評家の活動をその歴史的な条件の下で検討すると同時に、現在、改めて、「石子順造的世界」を要請する思考の様態もまた検討の対象となるべきだろう。そこで、<価値真空状態>(ヘルマン・ブロッホ)の徴ともいえるキッチュという概念の検討から開始することにしよう。

参加をご希望の方は info@arttrace.org まで、お名前とご連絡先、「1月26日座談会企画申し込み」の旨をご連絡ください。お問い合わせ、ご質問につきましても info@arttrace.org にて承ります。
※定員(50名)を大幅に超過した場合は締切とさせていただく事もございます。
※当日開始時間にご来場いただけなかった場合、ご予約をされていても立見となる可能性がございます。申し訳ございませんが何卒ご了承ください。

[画像: 早川利光 「ペンキ絵(西伊豆海岸)」(2002) 全国公衆浴場業生活衛生同業組合連合会蔵 ]

メディア

スケジュール

2012年01月26日 19:00~

アーティスト

石子順造

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2017) - About - Contact - Privacy - Terms of Use